共済組合のあらまし

共済組合等のしくみ

◆地方公務員の共済組合制度

 地方公務員の共済組合制度は、社会保障制度の一環として、相互救済によって組合員及びその家族の生活の安定と福祉の向上に寄与するとともに、職務の能率的運営に資することを目的として設けられているもので、「地方公務員共済組合法」に基づいて運営されています。

◆共済組合の事業

 地方公務員の共済組合は、主に3つの事業を行っています。

【短期給付事業】
組合員とその家族(被扶養者)の病気、ケガ、出産、死亡、休業又は災害に対して必要な給付を行う事業です。

イラスト

【長期給付事業】
組合員の退職、障害又は死亡に対して年金又は一時金の給付を行う事業です。

イラスト

【福祉事業】
組合員とその家族の健康保持増進、貯金の積立、住宅資金等の貸付、物資の供給、保養施設の運営などを行う事業です。

イラスト

◆互助会の事業

 共済組合の事業をより充実、補完するために「一般社団法人山形県市町村職員互助会」が設けられています。

医療給付事業

共済組合の医療給付を補完する事業

ライフアップ事業

健康増進や生きがいづくりを目的とする事業

安心生活支援事業

慶弔的な給付をする事業

健康推進事業

健康管理を推進する事業

健康生活支援事業

健康をサポートする事業

◆共済組合の種類と機関

共済組合の種類
 地方公務員の共済組合は次のとおりです。

図:共済組合の種類

共済組合の機関
 市町村職員共済組合は事業を円滑・適正に運営するために、次のような機関を設けています。組合員の意見や要望は、議決機関である組合会を通じて業務に反映されます。

図:共済組合の組織
このページの先頭へ

Copyright©山形県市町村職員共済組合. All Rights Reserved.