共済組合のあらまし

組合員証・被扶養者証

◆組合員証は医療のパスポート、大切にしましょう

 組合員及び被扶養者の資格を取得すると、「組合員証」及び「組合員被扶養者証」が交付されます。これは、組合員及び被扶養者の資格を証明するもので、一般的にいう「保険証」のことです。病気やケガにより保険医療機関で診療を受けるときなどに必要なものですので、大切に保管してください。

◆組合員証を使うときの注意

(1)

組合員証を提示しないで医療を受けると、全額自己負担になることがあります。

イラスト

(2)

組合員証をコピーしたものは使えません。

イラスト

(3)

病院に預けたままにしないで、必ず手元に保管してください。

イラスト

(4)

組合員証の貸し借りは不正使用に当たり、厳重に禁止されています。絶対にやめましょう。

イラスト

◆こんなとき、すみやかに届出を

組合員証を紛失したり破損したとき

組合員が氏名又は住所を変更したとき

出生・死亡・就職・結婚などで被扶養者に異動があったとき

このページの先頭へ

Copyright©山形県市町村職員共済組合. All Rights Reserved.